アナタは幸せ顔?顔相(人相)性格診断

顔であなたの性格と未来がわかる。

「人は見た目が9割」とよく言いますが、これは真理です。
なにも美醜のことではなく、性格は顔に出ると言うこと。

人を攻撃したり、恨んだり、また疑ったり、嫉妬したりするときの顔はどんなに美しい顔立ちであったとしても醜い表情がその美しい外見とは裏腹のその人の内側にある醜いものを暴露してしまいます。しかし、心の美しい人はそれにともなった見た目、表情をしています。

顔というのは手足と比べると筋肉等が急に成長する事がありません。よってその人の日々の思考や気の持ち方が表情になり 時をかけてじっくりと顔の相が出来ていきます。なのでその人が幸せになれるかどうかは、顔を見れば分かります。

顔は3つのパーツに分かれ、それぞれ年齢による性質をあらわしています。額から眉のあたりは25歳頃までの運勢、眉から鼻あたりまでは55歳頃までの運勢、鼻下から顎までは老年時代をあらわすといわれています。

ここでは、人相学(顔相)の観点から顔の各パーツが表す意味についてご紹介したいと思います。

顔相のポイントは3つ

「顔相」とは、顔のつくりだけで成り立つものではなく、表情、眼鏡のかけ方、化粧までが影響してくるものとされ、大きな意味では「その人そのもの」を見るとも言えます(ただし髪型は除く)。顔相を見る際にポイントとなるのは以下の3つ。

栄養質
女性に本質的なもので、男性の中にどれだけ女性的な要素が含まれているかをみる。
筋骨質
筋骨質とは名前からも分かる通り男性に本質的なもので、女性の中にどれだけ男性的な要素が含まれているかを見る。
心性質
知能の程度をみる。

全体的な傾向として上がり気味だと筋骨質、下がり気味だと栄養質が入っていると言えます。

顔のパーツから占う

顔のパーツから占う占い方は冒頭でも少々触れたのですが、顔を大きく三つに分け、それぞれの部分で人生を見るとされています。

額から上を上停、年齢的には25歳ごろまでを表します。この部位は「心性質」心の性質がよく現れ、ご先祖さまのこと、育ち、信仰心などが分かるとされています。中停は25歳から45歳ごろまでを指し、その人の意思の強弱、決断、実行力などを表しており、筋肉質が主となるところです。最後に下停ですが、ここは老年時代を象徴します。家庭のこと、三停五管を言うものがあります。

名称 部位 年齢 意味
上停 額から眉 生まれてから25歳位まで 先祖、育ち、信仰心
中停 眉から鼻 25歳から45歳ごろまで 意思の強弱、決断、実行力
下停 鼻下から顎 老年時代45歳以降 家庭、三停五管

また、古くから伝わる方法として、顔のパーツを12に分け、「十二宮」によって占うやり方もあります。これはそれぞれの部位の肉付きや血色、形などからその人の持つ運勢や性質を占います。

十二宮とは

それぞれの宮の形や気色から、先天的な、もしくは近い将来のこともかなり正確に推測できます。

十二宮

位置 名称 位置 性質
@ 命宮 眉の間 快不快の気分がここに出る。自分の希望することや当日の状態、一日の運勢が表われる。眉間がピカピカ光っているとよい。
A 財帛宮 鼻頭から小鼻 金運をみる。行動力なども示している。
美しく輝いていると、金運好調。赤黒い血の色は破財、黒色は事が破れてしまった後の色。
B 兄弟宮 両方の眉付近の事。兄弟、友人、親戚、性格、などを見るところ。 眉の中につむじがあるとケンカしやすい人。気が荒い。
C 田宅宮 上まぶた 親の遺産や人からの恩恵を受けられるかどうか、不動産との関わりを見る場所。離婚で財産分与を求めて叶うときとか、遺産相続するときは、気色線が田宅を通る。
男性の場合上まぶたに男性の性欲が出ることがある。
性行為に夢中になっていると、この上まぶた全体が柿色になる。
D 男女宮 下まぶた 目のすぐ下で骨のない部分。別名ホルモンタンク。精力などを示す。臥蚕は、妊娠三ヶ月位になるとふくらみる。目の下の鼻に近い部分の肉がこんもりと盛り上がっていると、良い子供に恵まれる。
E 奴僕宮 あごの左右 使用人、従業員の状態が出る。人情のある人はふっくらしている。
F 妻妾宮 目尻+指2本位 夫婦関係や恋人、浮気、相手や自分の気持ちなどがでる。 
妻妾宮が陥没したり、凸みすぎていると、結婚が遅れたり、何回も結婚をしたり、浮気をする人だと言われている。
妻妾宮の色が悪かったり、黒い気色が出ている人は相手との喧嘩や別れを示している。
社会の拘束がなくなると、女性も男性と似たような行動をとる。
G 疾厄宮 鼻の上部 疾厄宮は、病のことが出やすい個所。現在の状況も、この箇所に出てくる。 色と艶でみる。昔は、山根の部分が黒い色が出てくると死相だったが、今は助かることが多い。
H 遷移宮 額の両側 移り変わりのことを見る。家宅、移転や移動、転任、旅行、貿易など遠地との交渉のことがわかる。
遷移宮が明潤で、きれいであれば、旅行や移転などに良い。
I 相貌宮 顔全体 顔全体の相のこと。
J 福徳宮 眉の上 金運の巡りや天の加護を見る場所。 眉の上から日月や山林まで広くとる場合もある。
K 官禄宮 額の中央 額の真中。俗に言う、おでこの部分。上位にあるものとの関係もここに出る。官禄には、目先の吉凶の色が出てくる。 官禄が、発達している人は、小才がきくと言われている。